和太鼓が叩きたい

縄文時代、既に情報伝達の手段として太鼓が利用されていたそうです。
日本神話の天岩戸の場面でも、桶を伏せて音を鳴らしたと伝えられています。

木でできた銅に皮を張った和太鼓は、バチで叩くリズムと強弱で音色を奏でます。
全身を使ってリズムを刻む和太鼓演奏では、「縦ノリ」という動きが重要となります。
膝や股関節を使いながら、リズミカルに体を上下させて太鼓を叩くのが「縦ノリ」です。

全身を使って演奏する和太鼓は、有酸素運動そのものですので、カロリー消費が望めます。
10分間のスクワットは続かなくても、和太鼓なら夢中で叩いていると10分間なんてあっと言う間です。

私は和太鼓を習った経験があるのですが、楽譜を見なくて良いので、苦手意識は全く持ちませんでした。
正しいバチの持ち方や叩き方の違いなど、苦労はありましたが楽しかった思い出がほとんどです。

太鼓の演奏はストレス発散にもなり、適度な運動効果も期待できますので、お勧めなのですが、好きな時に太鼓を叩ける場所がないのは残念です。車売るならどこが高く売れるの?【車査定高額買取店ランキング】