札幌市中央卸売場外市場の毛ガニ!

札幌市中央卸売場外市場から、おいしい毛ガニをお届けしているのが、北のグルメです。
北のグルメは四季折々の毛ガニを仕入れているので、一年中おいしい毛ガニを楽しむことができます。
3月中旬~6月頃には、浜頓別・枝幸・雄武などから仕入れています。
多くのプランクトンが流氷に乗って発生し、魚介類や小魚が数多く集まります。
それらの豊富な魚介類、小魚などを、オホーツク海の毛ガニは食べて育ちます。
漁が不可能な、流氷がある期間に、毛ガニはその流氷の下でしっかりと育っていきます。
そして、3月中旬に毛ガニ漁が解禁となり、流氷のしたで寒い冬に耐えた新鮮で、力強いカニがたっぷりと獲れます。
7月〜8月頃は、胆振・噴火湾など、9月〜11月頃は釧路・白糠など、12月〜2月頃には広尾・襟裳などで毛ガニが獲れます。キットカット 箱 サイズ 値段
北海道太平洋側の毛ガニは、おいしい昆布など、海藻類や、貝などを食べて育っていきます。
そのため、しっかりしたカニの肉質が特徴です。